学院の沿革

1875年

米国聖公会から渡日したミス・エディが大阪川口居留地に「エディの学校」を開校

1880年

「エディの学校」を「照暗女学校」(英語名:St.Agnes.school)に改称

1895年

「平安女学院」に改称。
京都に移転・開校。新校舎・明治館竣工

1915年

平安高等女学校の設立認可

1920年

洋式制服・記章を制定。(洋式制服は日本で初めて)

1929年

第1回クリスマス・カンタータ

1947年

平安女学院中学校を設置

1948年

平安女学院高等学校を設置

1950年

平安女学院短期大学を開学

1951年

学校法人平安女学院を認可。短期大学学舎完成(現「室町館」)

1987年

高槻市南平台に 短期大学学舎・幼稚園園舎完成

2000年

滋賀県守山市に大学を開学

2002年

平安女学院短期大学を平安女学院大学短期大学部に名称変更

2005年

大学、短期大学部を高槻キャンパスに統合

2007年

大学・国際観光学部を京都キャンパスに開設

2008年

有栖川宮旧邸「有栖館」を取得

2009年

大学・子ども学部を高槻キャンパスに開設

2015年

子ども学部を子ども教育学部に名称変更

2019年

「平安女学院大学附属幼稚園」を幼保連携型認定こども園「平安女学院大学附属こども園」に移行

現在に至る